私の主人につきましては、いつも、頭皮のことで悩む形になり、以前は、鏡の前で必ず、「今日は薄毛が目立たないかな?」と言うような形で、鏡の前でチェックしていたことがありました。また、一日の抜け毛の量をチェックしたり、妻である私に対しまして、「今日は抜け毛目立ってないかな?」といつも疑心暗鬼になっている感じで常に髪の毛のことで不安であったみたいです。私は、そんな主人に対しまして、「悩んでても、今のあなたの現状の姿がそれなんだから、そのままいくしかないじゃない!気にして何か特になることでもあるの!?ハゲならハゲでそのまま付き通せば良いじゃん!!」と言う形で私が、主人に対して、言ったのが凄く良い刺激になったみたいで、「今まで髪の毛のことで真剣に悩んでいた俺はバカだった」と言う形であっさり私の一言で開き直る形で、その日から、スキンヘッドで歩くようになりました。「私もその方で格好良いと思うよ」と言ってから、もうハゲてることを気にしないで自信を持って街中を歩いておりますので、これで良かったと思っております。やはり、気の持ち用であると思います。