薄毛対策のためにはストレスを軽減することが大切です。

ストレスは血流を悪くさせる原因になります。ストレスを感じると交感神経が優位になり、それによって血管が収縮をして血流が悪くなります。血流が悪くなれば髪の成長に必要な栄養素が毛根まで行きわたらなくなります。

それだけでなく、ストレスによって副腎皮質ホルモンが分泌され、その刺激で男性ホルモンの分泌量が増え、皮脂分泌量が増えます。皮脂が活発に分泌されれば毛穴がつまって抜け毛が増えます。

ストレスを生活の中からなくすことはできません。そのため、上手にストレスを解消することが大切になります。

適切なストレスの解消方法は人それぞれです。運動をしたりカラオケで歌うなど発散系のものが向いている人もいれば、アロマや入浴などリラックス系のものが向いている人もいます。いろいろと試して自分に合うものを見つけてみてください。ただし、お酒や食べものなどで解消しないようにしましょう。こういったものでストレスを解消しようとすると健康を害します。