男性で薄毛に悩む人は結構多いといわれます。男性の場合はAGAといって、男性ホルモンが原因で起こります。具体的にはデヒドロテスステロンという男性ホルモンが作られることで、髪の毛の成長が止まり、脱毛が進んで行くのです。しかしこの薄毛は男性だけのものではなく、女性にも見られます。女性であっても、わずかながら男性ホルモンが体内に存在するためです。しかし女性の場合は女性ホルモンの方がはるかに多いため、男性のようなAGAは見られません。むしろ女性ホルモンは育毛作用があるので、ある年齢になるまでは薄毛に悩むことはそうないのです。

しかし更年期を迎え、女性ホルモンの分泌が減ることで、AGAに似た症状になることもあります。これをFAGAと呼んでいます。このFAGAは更年期だけでなく、その他の理由によっても起こります。たとえばストレスで髪が抜けてしまうこともあります。ストレスはホルモンや自律神経の働きを妨げるため、髪の毛に対しても悪影響を与えるのです。さらに女性の場合は、ダイエットをすることも多いです。しかしダイエットもやり方によっては、本来体や髪に必要な栄養分が不足し、脱毛の原因となってしまうこともあります。特に自己流で無理なダイエットをすると、髪が抜けるだけでなく、ぱさついてつやがなくなってしまいます。

そしてパーマやカラーリングなどを繰り返していると、頭皮に影響が出て抜け毛が増えることもありますし、シャンプーによっては頭皮を乾燥させ、生えて来るべき髪が生えてこないこともあります。このように女性であるから、必ずしも薄毛、AGAに無縁というわけではないのです。ですから最近特に抜け毛が多い、髪の生え方が遅いという時には、まず何が原因であるかを考えてみましょう。そしてもう一つ、女性特有の抜け毛として、出産後の抜け毛があります。出産後は女性ホルモンの分泌が一時的に少なくなることがあり、それがもとで髪が抜けやすくなるのです。しかしこの場合は、自然に治って行くことが多いです。

PR|オーディオ|ショッピングカート|SEOアクセスアップ相互リンク集|マッサージのリアル口コミ.com|ダイエットチャレンジ100日|童話|JALカード|生命保険の選び方|エステサロンを上手に利用する情報サイト|お小遣いNET|生命保険の口コミ.COM|女性向けエステ.com|クレジットカードの即日発行じゃけん|健康に役立つ口コミ情報